円高と円安でFX 比較でわかる為替相場の基本

ニュースや新聞で、よく見かける急激な円高による、または円安の影響を受けてなどと、目にする機会は多いのではないでしょうか。実際に外貨取り引き等行ったことのない方でも、円安や円高は私たちの経済に強く影響を与えるものです。なぜならFX 比較において、この円高や円安は相場に強く影響を与えるもので、FXの取り引きを行っていく上で重要なポイントとなってくる事が多いからです。FX 比較判定していく上で、円高による影響がなぜ市場にかかわってくるのでしょう。

実はこの円高や円安は、日本円とドルの関係によって成り立っています。USドルは、その信用価値の高さから、国際決済通貨や基軸通貨として使用される最も信頼性の厚い通貨の一つです。つまり、円高とはUSドルによって日本円が買われた状態で、逆に円安とは円が売られた状況を示しています。つまり、1ドル100円が99円になった時は円高、逆に101円になった場合を円安と言います。

少々分かりづらい話ですが、1つの品物を99円で購入するのと101円で購入するのでは、99円の方がかなりお得だという事は誰しも納得できるでしょう。つまり、ドルを通常よりも多く変える円高の状態は、円の価値が高まっている事を意味しているわけです。